仮想通貨 トロン(TRX/Tron)とは? 特徴と今後の将来性

Comparison

仮想通貨のTRON/TRXの取引所での特徴と今後の将来性について暗号通貨を記事で解説します。2021年3月に一時3倍以上の価格がついた仮想通貨でトロンに投資したいけど、どんな通貨か分からない方向けに記事としてまとめました。特徴やこれまでの値動き、今後の見通しを解説します。

トロン(TRX/Tron)とは?どんな仮想通貨?

暗号通貨のトロン(シンボル:TRX/Tron)とは仮想通貨関連の実業家であるジャスティン・サンの主導するトロン財団が、2017年8月にローンチした仮想通貨です。世界の仮想通貨取引所ですでに取り扱いが始まっております。プラットフォームの高い需要と将来性を見込めることから、投資をする方がとても増えている状況です。

コンテンツについて特徴、口コミと評判を解説していきます。時価総額は¥18.23 (2024)です。公式サイトは以下のようになります。iost、flr、bat、matic、sol、ada、bch、bnbより魅力のある通貨になるかもしれません。価格予想のチャートに要注目です。エアドロップなどもチェックしましょう。

SymbolTRX
Brith Date2017
DeveloperTron foundation
Market capitalization¥18.23 (2024)
URLHome
X、TwitterHome

デジタルコンテンツができる配信分散型プラットフォーム

トロンは、ブロックチェーンを使用した分散型のプラットフォーム。プラットフォーム上でデジタルコンテンツを配信できることと手数料が少ないことが得で特徴としてあります。オンラインゲーム、ゲーム、youtubeの動画や音楽などクリエイターが配信するプラットフォームでは一企業が所有している中央集権的な運営がなされています。トロンのプロジェクトでは中央の管理者がいない「非中央集権型」のプラットフォームを構築することを目的としています。

独自のコンセンサスアルゴリズム

トロンは、ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムに、「トロン・プルーフ・オブ・ステーク(TPoS)」が実装され、採用されて実現しています。コンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーンに取引などの記録を保存する際に必要な合意形成のためのアルゴリズムです。トロンの保有者に対して一部投票権が割り当てられ、投票によって承認者が決まる仕組みになっております。

DAOが運営している

トロンはもともと、ジャスティン・サンのトロン財団が運営をしていました。しかし、トロンのコミュニティが非常に成熟してきたことからその影響で、トロンDAOによって全体の運営・管理が直接おこなわれています。これにより概要として中央集権的な組織が提携されず、置かれず、むしろ非中央集権型の分散型プラットフォームとなったわけです。販売を始める際は参考にしてください。

トランザクションの処理速度が速い

トロンの特徴として、追加で少しデジタルでのトランザクションの処理速度が早いことが挙げられます。近年では様々なDappsが開発されているイーサリアムのスケーラビリティ問題が大きな課題、話題となっておりますが、それにともないガス代の支払いが高まることで問題視されています。トロンはリップルやイーサリアム、ビットコインよりも処理速度が速いのです。

仮想通貨トロンの将来性はどうなるのか?

仮想通貨の将来性、価格予想はどうなるのでしょうか?チャートで価格動向を見たうえで将来性はあるのかどうかを見ていきましょう。大手企業でも投資が期待されている仮想通貨で開始段階の2018年からずっとトレンドです。この流れは予測では2025年から2027年まで比較的継続する可能性があります。
100円でも1000円でも投資して置けば、将来値上がりしてエアドロップで儲かるかもしれません。口コミや評判もチェックしましょう。

過去のチャートの動向

以下はcoinmarketcapの月足チャートのデータです。2017年8月にローンチされたトロンは他の主要な銘柄と同じくビットコインバブルで大きく価格が高騰しました。2019年~2020年にかけてはわずかな期間で急落してしまいました。2021年に入ると世界的に金融緩和がおこなわれトロンも上場基調が続きました。これ以降は2022年、2023年以降も大局で見ればアップトレンドが続いております。トロンは下落をすることなく上昇しております。資金調達も期待できます。

Source : https://coinmarketcap.com/

分散型アプリケーション(Dapps)のサポート

トロンはDappsを作成・展開するためのフレームワークを提供しています。Dappsは分散型アプリケーションで中心化されたサーバーに依存せず、ブロックチェーン技術を基に作られます。ユーザー間の直接的なやりとりが可能になります。これによって投資家からの投資が見込めるようになりました。開発者はトロンのブロックチェーンとスマートコントラクト機能を利用して自身のDappsを作り、ユーザーに対して各種サービスや製品を提供することが可能です。

トークンバーニングの実施

TRXの市場価値を高めるため、2023年5月に約2.69億TRXのトークンを焼却すると発表。これにより流通している仮想通貨の供給量を調節することになります。これによって仮想通貨の希少価値も維持されていくと見込まれています。ポリシーとして市場の国内や海外の現物取引のネットワークに流れている発行数を調整しているシステムになりました。取扱の数量は設定で上限が決まっていますので、ステーキングでもコストも少なく少額で稼げる可能性があります。

Justin Sunに対するSECの訴訟

トロンの創始者であるジャスティン・サンが米国証券取引委員会(SEC)から訴えられました。ジャスティン・サンは証券として登録せずにTRONを取引したとして告発され、保有者に懸念をもたらしています​​。訴訟の結果によっては不安視されてしまう可能性はあります。協会の動向や評価は重要でいくつか関心が集まっており注目されています。今、金融の対象の銘柄の中でも最近、新たに入手しても相場で暴落するケースが増えていますので初めての方は機会を見極めて進めましょう。

新しい仮想通貨取引所に上場

トロンの存在は調査してみるとBitPointとBitTrade、OK CoinJapan、DMM Bitcoin、Bybit、MEXCなどでもさまざまなところで取り扱って上場されており価値は高まっています。買い方はこれらそれぞれの取引所で可能です。今後、一般の新規取引所への上場の予定が発表されることでさらにトロンが高騰する可能性が高まります。推移、動きによっては個人での収益が低いかもしれないです。その後の取引所の判断に注目です。

TRXを購入できるおすすめの仮想通貨取引所

それでは最後に実際にこの仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所を紹介します。情報をまとめましたので参考にしてください。ビットコイン、アルトコイン(イーサリアム(ETH)、テザーなど(USDT)、リップル(XRP))が網羅されており、とても多くのコインに投資ができるおすすめの取引所をピックアップしております。アプリでもパソコンでも取引ができる取引所です。それぞれメリット、デメリットはありますがリスクはなく決済して大きく利益を出せます。損失額が一定を超えるとロスカットが採用されるので安全です。

Bybit

Bybitはシンガポールで設立された仮想通貨取引所になります。しかしのちにドバイに拠点を移しており、グローバル展開をしている仮想通貨取引所です。レバレッジは100倍とかなり高くなっており、取り扱いコインは300を超えておりますので相当充実しております。総合してみると大きなキャンペーンやボーナスのサービスが十分ありポイントです。

ExchangeBybit
LocationUAE
Coin300~
Leverage100x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

MEXC Global

MEXC Globalはアジアのシンガポールに設立された仮想通貨取引所です。メインユーザーは日本人ですが世界中に展開しており数百万のユーザーが毎日取引をしています。仮想通貨の取り扱いは1500を超えており、無名のコインに投機もできますのでおすすめです。最大レバレッジは200倍にもなります。ニュースでも注目のコインを発信しており情報が提供されています。

ExchangeMEXC Global
LocationSingapore
Coin1500~
Leverage200x
CommissionMaker:0.010%
Taker:0.050%
URLHome

Gate.io

Gate.ioは中国で設立された仮想通貨取引所で怪しいイメージがあるかもしれませんが、現在はケイマン諸島に拠点を移しておりとても安全です。取り扱いコインの数は世界で最も多く、銘柄は1700を超えており、投機をしたい方には最もお勧めの取引所となります。新規の上場コインが出たタイミングでメディアで発信もしています。

ExchangeGate.io
LocationCayman Island
Coin1700~
Leverage125x
CommissionMaker:0.15~0.2%
Taker:0.15~0.2%
URLHome

KuCoin

KuCoinは香港に設立された仮想通貨取引所ですが、現在はすでにセーシェル諸島に移転しております。世界でも800万人に取引されている仮想通貨取引所でグローバル展開に成功しております。700枚以上の仮想通貨に投資ができます。運営では本人確認の内容もしっかりされており資金の入金も金融機関で、ウォレットへ国際送金できます。

ExchangeKuCoin
Locationseychelles
Coin700~
Leverage100x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

BitGet

BitGetはシンガポールに設立された仮想通貨取引所です。現状ユーザーは全世界で数百万人に及び、セキュリティがとてもしっかりしており人気です。業界でも最新のコピートレードが導入されており、とても有名で登録して参加しているユーザーがとても多いのが特徴です。短期でも長期でも熟練トレーダーの売買の内容を真似するので金額が増えていきます。わずかな金額から増やせます。

ExchangeBitget
LocationSingapore
Coin700~
Leverage125x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

仮想通貨取引の注意点

仮想通貨取引の注意点としては損失ではなく利益が確定したら税金がかかります。海外の仮想通貨取引所でも同様で儲かると将来、確定申告の対応が必要になりますので注意しましょう。取引履歴のダウンロードも普及しているためかなり便利ですから技術や機能はかなり進歩しています。現物で買う方は放置して保有している銘柄が知らないうちに高騰している可能性もありますのでチェックしましょう。ネットから利用規約も確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました