仮想通貨Verge(XVG)とは? バージの特徴と今後の将来性を徹底解説

Comparison

仮想通貨Verge(XVG)とは?どんな取引所でトレードできるのか?特徴と今後の将来性を徹底解説します。この仮想通貨は2014年に誕生して以来、とても注目を浴びています。アルトコインの中でもメジャーとなっていますので今後の将来性も含めて記事で解説します。

仮想通貨Verge(XVG)とは?どんな仮想通貨?

元々はVerge/XVG(バージ)ではなくDogecoindarkという名称でした。その名前の影響からユーザーを集められなかったため、2016年に現在のVergeという名称に変更されました。仮想通貨Vergeは発行上限枚数は165億XVGで、ビットコイン(BTC)の発行上限枚数2100万BTCと比較すると非常に多いことが分かります。特徴と仕組みを以下に説明します。

SymbolXVG
Brith Date2016
Developer
Market capitalization¥10,143,956,062 (2024)
URLHome
X、TwitterHome

決済利用に特化したコイン

Verge(XVG)は高速かつ安価な決済が可能となっています。SPV(Simple Payment Verification)という技術により、ビットコイン(BTC)のようにブロック承認時に全てのブロックをダウンロードする必要なく、ブロックヘッダーと呼ばれる最低限必要なデータのみのダウンロードで取引承認を可能にすることで、高速で安価な取引を実現しています。iOSやAndroidはもちろん、WindowsやLinuxでも使用が可能なため汎用性が高いです。

PoWの複数のアルゴリズムを採用

Verge(XVG)はPoW内の5つのアルゴリズム「マルチアルゴリズム」があるため、マイナーは複数のデバイスやOSでマイニングを実行することができます。Verge(XVG)は、コンセンサス・アルゴリズムPoWにおける複数のハッシュ関数を活用することで、マイナーの寡占による利益の独占を防いでいます。ハッキングの攻撃にも強くセキュリティ面でも優れているのも魅力です。

コミュニティが形成

Verge(XVG)は有志によって開発された経緯があるため、コミュニティが形成されています。コミュニティの存在により仮想通貨の情報交換が頻繁に行われており需要や人気の指標にも活用できることになります。

セキュリティが高い

Verge(XVG)はTor、レイスプロトコル、i2Pという3つのシステムを搭載して、ビットコインやイーサリアムなどよりも匿名性の高い取引を実現しています。通信の発信元、通信経路、履歴の3つを非公開にできるため、より高度な匿名取引が可能となっています。

ToR(The Onion Router)通信の発信元(接続経路)を匿名化する技術
Dual-Key Stealth Address Protocol 取引履歴を公開・非公開どちらにも切り替えることができる技術
I2P(The Invisible Internet Project)送金や通信経路をすべて匿名化する技術

バージの特徴と今後の将来性などうなる?

仮想通貨Verge(XVG)の今後の見通しと将来背はどうなるのでしょうか?値動きも同時にチェックしてみましょう。

全体のチャートと値動き

Vergeは上場してからしばらくダウントレンド。2017年には一時上昇した相場でしたが、2018年には。51%攻撃を受けることで再び落ちました。この攻撃により、5つのアルゴリズムの実装がされました。2021年ごろからは再び高騰してきます。それ以降は2021年、2022年、2023年とずっと上がる傾向にあり、とても投資に向いているコインです。2023年7月には一時的な急騰を見せましたが、又落ち着きました。

Source : https://coinmarketcap.com/

運営による開発情報の公開

情報公開の手段の1つとしてVergeは様々なコミュニティがありますので、情報交換がとても活発です。情報公開のアップデート頻度と内容がとても頻繁なので安心するでしょう。今後のロードマップなども公開されています。今後の予定が不透明であるとプロジェクトの将来性の判断が難しくなるためこれはプラス要素になるでしょう。

取り扱っている取引所の増加

取り扱っている取引所は増えています。Binanceなど一部のみでしたが、BybitやMEXCなどの取引所でも取り扱いが始まっており、今後さらに増えていくことでさらに価値が高騰していくと見込まれています。

XVGを購入できるおすすめの仮想通貨取引所

それでは最後に実際にこの仮想通貨を購入できる仮想通貨取引所を紹介します。情報をまとめましたので参考にしてください。ビットコイン、アルトコイン(イーサリアム(ETH)、テザーなど(USDT)、リップル(XRP))が網羅されており、とても多くのコインに投資ができるおすすめの取引所をピックアップしております。アプリでもパソコンでも取引ができる取引所です。それぞれメリット、デメリットはありますがリスクはなく決済して大きく利益を出せます。損失額が一定を超えるとロスカットが採用されるので安全です。

Bybit

Bybitはシンガポールで設立された仮想通貨取引所になります。しかしのちにドバイに拠点を移しており、グローバル展開をしている仮想通貨取引所です。レバレッジは100倍とかなり高くなっており、取り扱いコインは300を超えておりますので相当充実しております。総合してみると大きなキャンペーンやボーナスのサービスが十分ありポイントです。

ExchangeBybit
LocationUAE
Coin300~
Leverage100x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

MEXC Global

MEXC Globalはアジアのシンガポールに設立された仮想通貨取引所です。メインユーザーは日本人ですが世界中に展開しており数百万のユーザーが毎日取引をしています。仮想通貨の取り扱いは1500を超えており、無名のコインに投機もできますのでおすすめです。最大レバレッジは200倍にもなります。ニュースでも注目のコインを発信しており情報が提供されています。

ExchangeMEXC Global
LocationSingapore
Coin1500~
Leverage200x
CommissionMaker:0.010%
Taker:0.050%
URLHome

Gate.io

Gate.ioは中国で設立された仮想通貨取引所で怪しいイメージがあるかもしれませんが、現在はケイマン諸島に拠点を移しておりとても安全です。取り扱いコインの数は世界で最も多く、銘柄は1700を超えており、投機をしたい方には最もお勧めの取引所となります。新規の上場コインが出たタイミングでメディアで発信もしています。

ExchangeGate.io
LocationCayman Island
Coin1700~
Leverage125x
CommissionMaker:0.15~0.2%
Taker:0.15~0.2%
URLHome

KuCoin

KuCoinは香港に設立された仮想通貨取引所ですが、現在はすでにセーシェル諸島に移転しております。世界でも800万人に取引されている仮想通貨取引所でグローバル展開に成功しております。700枚以上の仮想通貨に投資ができます。運営では本人確認の内容もしっかりされており資金の入金も金融機関で、ウォレットへ国際送金できます。

ExchangeKuCoin
Locationseychelles
Coin700~
Leverage100x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

BitGet

BitGetはシンガポールに設立された仮想通貨取引所です。現状ユーザーは全世界で数百万人に及び、セキュリティがとてもしっかりしており人気です。業界でも最新のコピートレードが導入されており、とても有名で登録して参加しているユーザーがとても多いのが特徴です。短期でも長期でも熟練トレーダーの売買の内容を真似するので金額が増えていきます。わずかな金額から増やせます。

ExchangeBitget
LocationSingapore
Coin700~
Leverage125x
CommissionMaker:0.1%
Taker:0.1%
URLHome

仮想通貨取引の注意点

仮想通貨取引の注意点としては損失ではなく利益が確定したら税金がかかります。海外の仮想通貨取引所でも同様で儲かると将来、確定申告の対応が必要になりますので注意しましょう。取引履歴のダウンロードも普及しているためかなり便利ですから技術や機能はかなり進歩しています。現物で買う方は放置して保有している銘柄が知らないうちに高騰している可能性もありますのでチェックしましょう。ネットから利用規約も確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました