ビットコインはどこで買うべき? 初心者向けのおすすめの仮想通貨取引所、暗号資産の選び方を紹介、徹底解説

Comparison

投資初心者で暗号資産のビットコインは始めるにはどこで買うべき? おすすめの仮想通貨取引所を記事で購入ついて紹介解説します。ビットコインと言えば仮想通貨で最も有名でかつ、基軸通貨となりますので、知っている方はとても多いでしょう。そんなビットコインを取り扱っている取引所を選んで紹介していきますので参考にしてもらえればと思います。

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインは世界で初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨です。流通する暗号資産の中でビットコインは最も知名度が高いことから暗号資産における基軸通貨として機能しています。時価総額は最も高く、発行上限枚数は2,100万枚となっています。FXとは違って仮想通貨の存在だと分からない方は多いです。パソコンの前に座っても次はどうしたらいいのか迷う方は多いです。後で気になることから行い、入って動いてみましょう。何も投資はレバレッジ取引だけでなく積立もあります。

ブロックチェーンを使用

ビットコインは、取引に「ブロックチェーン」と呼ばれる自動の技術を利用しています。ブロックチェーンとはビットコイン取引の土台となる技術。トランザクションと呼ばれる取引データをブロックで管理し、それらのブロックを一つのチェーン状にして分散管理していることからこの呼び名になりました。信頼性も利便性もよく一部で規制されておりますのでトラブルや詐欺もなく保管も安心です。

発行枚数に上限がある

ビットコインは世界最大の通貨で発行枚数が2,100万枚と決められています。ビットコインの場合、管理する中央組織がないためいきなりどんどん発行されるとやや貨幣の価値や扱いが落ちます。そうした懸念もあって、あらかじめ発行枚数の上限が決められているのです。ボラティリティの激しい仮想通貨の相場でプライムで信用される通貨となっています。結果としてそのためもっとも重視される通貨です。余剰の資金で相場を調べながら投資ができます。

リアルタイムで送金できる

インターネット環境さえあれば、ビットコインはネットワークで普段から24時間365日リアルタイムでメタバースなどから換金や送金できると言う特徴があります。銀行を介した海外送金と比べて、着金までにかかる時間がとても速いと言う特徴があります。それもいつでもプラットフォームから送金ができるため、銀行送金よりも考慮されておりおすすめです。イメージしづらいこともないのでやりやすいです。

土日でもトレードが可能

これはビットコインに限った話ではありませんが土日でも取引ができます。できるだけ最初はサポートなど受けながら投資したほうが良いですがりえきがでれば受け取ることができます。毎月たくさん予測や調査をして値上がりする傾向の銘柄を捕まえれば儲かります。毎日少なくともホームページなどで取り扱う通貨の分析が通常は必要です。当然、短期でも長期的でもエントリーを考えるうえで準備が必要。

マーケットの分析は必須

これもビットコインに限らずですが一般的にマーケットの分析は必須。家で動いている通貨の動きはある程度SNSやニュースでチェックしましょう。もしスマートフォンがあればピッタリの相場を見つけるまで我慢しましょう。せっかくのチャンスを活かすためにも、お客様は待つ必要があります。加えて投資は必ず儲かるわけではないです。正確には暴落することもありますので利益が貰えるとは限りません。取り扱うコインの全体に長期的に相場を見るのがコツ。幅広い推移のなかで失敗しないためにも大事なのは相場の把握です。

ビットコインを買える場所はどこなのか?

それではビットコインを買える場所はどこなのか?使えるいい場所はどこなのかを紹介します。結論から言えば仮想通貨取引所になります。いい場所で買えるとベストです。販売に当たり取引所で重要なポイントを紹介します。coincheck(コインチェック)やzaif、bitbank、GMO、bitpoint、bitmax、dmm bitcoin、bitflyer(ビットフライヤー)、sbi vcなどたくさんありますが売買を始めるにあたり注意点があります。また利益ができると税金の対策も必要です。事業者によっては自動売買など提供していることもあります。

セキュリティがしっかりしている

仮想通貨の取引において重要なのはセキュリティ。ウォレットでお金は管理しますが、日本円やドルなどから仮想通貨に交換して注文することになりますが、セキュリティがザルだとハッキングの被害の可能性やリスクがあります。そのため、2段階認証やアンチフィッシングコードなど認証の対策を講じている取引所を選ぶことが最適です。注文の時でも安心です。選び方としてこれらが発生しやく、危険な場所は避けましょう。過去にハッキングがあると心配です。コールドウォレットで用意が行われ対応していると完璧です。頻繁に個人情報など書類の流出があると信頼できない体制で疑問が残ります。

レバレッジが高い取引所

レバレッジが高い取引所がおすすめです。違いとして日本の国内だとレバレッジが25倍で制限されていますが海外だとかなり高いです。選び方としてレバレッジが少ないと証拠金も高くなります。なので保有するなら海外ののほうが得です。資金を使ってこれからやる人は使っていくにあたりスプレッドが狭いとさらに良いです。値動きをそれぞれシンプルに見ながら同じ市場で勝負できると相当腕が上がります。最短で市場で勝てるようにしましょう。年間でしかり事前に調査して万全なスタイルに合わせて投資が可能です。最後は勝てるでしょう。

スマホでもトレードができる

スマホでも対象でトレードができることは重要。金額を使って取引するにも相場は時間単位で変動します。その点、損失を出さずすぐに決済するためにも最低でも仕組みでスマホでも利用が可能な取引所がおすすめ。基本的に今、画面で重要な局面ならすぐに買いでも売りでもタイミングをみて先に取引ができます。上昇する期待できる局面を狙えます。ツールで操作ができると最適。スマホアプリでチャートがみれて数量を指定できればチャンスは2倍となるでしょう。日々活発に動いてマイナスにならないためにも操作性も考えましょう。

買い方が豊富

注意点として買い方が豊富な取引所がおすすめです。金融機関の銀行口座に振込、コンビニ、クレジットカード、P2Pなど各種たくさん目的に応じてしっかり買える程度に対応しているとベスト。初めての方でも大切なトレードで即時に買えるのは大きいです。必ず最大級買える選択肢のある取引所が良いです。最低でも上記で挙げた3つ以上の複数が揃っているところがベスト。法定通貨に対応しているケースもあります。会社では思ったいじょうにクイックで入金ができるところもあります。

取引コストが安い

maker(メイカー)やtaker(テイカー)のシステムで振込手数料などルールで取引コストの取扱いや水準が安いとベストです。そうなると日本の国内より、形式は海外のほうが安いです。最小のコストなら利益も残りやすいです。企業でこれらが低く採用されているほうが活用して低く抑えられます。個人で将来値上がりするコインを判断して選んで投資ができます。顧客は長期運用でステーキングなど積み立てや資産運用を実施するにしても出来高でコストが低い方が稼ぎやすいです。効率よくテクニカル分析をして顧客は利益を狙えるのです。

取り扱い銘柄がとても多い

取り扱い銘柄がとても多いと利点が多いですし儲かる可能性が上がります。業界でも総合して有名なネム、ライトコイン(ltc)、モナコイン(mona)、クアンタム、アイオーエス(ios)、リンク(link)、ステラルーメン(xlm)、ドージコイン(doge)、リップル、ソラナ、カルダノ、ビットコインキャッシュ(bch)などほか数多く使える場所のほうが良いでしょう。1つでも希望の商品がある内容のところを選びましょう。新規で売値や買値で勝負するにしても通貨が多い方がありがたいです。知識があればレート自体を見ながら銘柄を選択できます。情報収集の仕方としてはメディアなどで広い情報を拾いましょう。

おすすめの取引所を厳選して紹介

それでは実際にビットコインを取り扱っているおすすめの取引所を紹介します。海外の取引所がおすすめです。理由はゼロカットがあることから借金を負うリスクがないこと、さらにいえばレバレッジがとても高いため、少額からでも取引ができると言うメリットがあるからです。難しいことがなく、初級から上級までかんたんに買えてステップよく投資できる取引所を紹介します。レバレッジの高さや利益の出やすさが保証されている存在の取引所です。

OKX

OKXはセーシェルに拠点をおく仮想通貨取引所になります。OKXでは日本とその他の海外において取引所を分けて運営していますので注意です。マーケットプレイスもあり他社と比べてもサービスは充実しています。ブラウザからスタートでき、約定も簡単にできます。強固なシステムなので頻度が多くてもオンラインで決済のスピードが速く使い勝手が良く、手数料の負担もすくなく、メンテナンスなども少なく安心感があります。

Bybit

Bybitはシンガポールを拠点にしていましたが、現在はグループはUAEを拠点にしている仮想通貨取引所です。ボーナスやキャンペーンなどのプロモーションがとても多く、ローンチパッド、ローンチプール、エアドロップなどのイベントがとても多いです。デザインもよくtradingviewで試しに直接トレードが可能。現金で続けて入金が可能で、1日十分なトレードが可能。方針としてNFTなど大幅に事業でサービスも増えています。

Gate.io

Gate.ioはケイマン諸島に本拠地を置いている仮想通貨取引所で取り扱い銘柄の数は世界一。無名のアルトコイン、草コインへの投資ならこの取引所が最もおすすめです。近年は数多くの銘柄に投資できる状況でレンディング、積立投資、現物や先物など多数の取引が即日で可能。少なくとも一定の金融の銘柄が揃っておりセキュリティ対策もしっかりできていますのでスムーズに設定できるでしょう。ストレスなく続けることができます。

KuCoin

KuCoin(クーコイン)は概要として2017年に香港で設立された仮想通貨取引所です。現在は、セーシェルに拠点を移しています。そのため非常に安全な取引所と言えます。取り扱い通貨数は600を超えており、最大レバレッジは100倍となっておりますので運営会社の規模が大きいです。

BingX

BingXは2018年に香港で設立された取引所で、とても運営歴の長い取引所となっています。現物取引はもちろんのこと、信用取引やコピートレードにも対応しており、ユーザーの要望にかなっています。現在では、CoinMarketCapでのデリバティブ取引所ランキングにおいて26位に輝いており、世界中の投資家から注目を集めています。この取引所は、アジア圏を中心に特に強い影響力を持っています。これからカテゴリーも増えて行って充実したサービスになるでしょう。

Bitget

Bitget(ビットゲット)は海外のシンガポールに拠点を置く仮想通貨(暗号資産)取引所で情報では2018年に設立されました。coinmarketcapでも上位にくる取引所で、世界100ヵ国以上にユーザー数800万人以上いることもあり、世界的にもかなり人気でおすすめの取引所の一つです。Bitgetではコピートレードがとても評判が高いです。設定するだけで利益が上げやすいと言うメリットがありますが自身で大きく稼ぐことも可能です。現在はリオネル・メッシ選手がパートナーシップ契約をしています。

Bitmart

Bitmartは2018年ケイマン諸島に設立されました。ここは900万人以上のユーザーが登録して活動している仮想通貨取引所です。最大100倍のレバレッジに対応したデリバティブ取引も行えます。そのため、非常に世界的にも人気のある取引所で、以下のような特徴がありますので情報を一覧で紹介していきます。確認の際、必要ならセキュリティも充実していますのでリスクはありません。

Bitrue

Bitrue(ビットゥルー)は2018年にシンガポールで設立された仮想通貨取引所になっております。仮想通貨の取引量も多く流動性も高いです。デリバティブ取引も現物取引もとても多くされており、世界中で多数のユーザーが開設をして、現在取引を行っていますのでとてもおすすめになります。投資に必要な機能が提供されており、購入が下記のページから可能です。アカウントの作成も簡単な業者です。レバレッジは100倍以上で取引履歴のダウンロードもできます。

BTCC

BTCCは2011年に所在地がイギリスで設立した10年以上の歴史があり実績を誇る安定した仮想通貨取引所です。BTCCは他と比較してみると先物取引(デリバティブ取引)に特化した取引所で最大150倍のハイレバレッジをかけられます。これは他の取引所よりも圧倒的に優れています。また暗号通貨の取扱数も200を超えておりますのでとても安心です。仮想通貨の口座開設やレバレッジ、入金、出金、キャンペーン、アプリの使い方の種類など情報を紹介していきます。現在は初心者でもwebでアカウントを使いながら慣れていけますので始めるにはおすすめ。

LATOKEN

LATOKENは2017年に設立された仮想通貨取引所です。わずか1ドルから投資が可能になっており、仮想通貨のみを取り扱っていますのでNFTなどは扱っていません。 Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Tether, XRP、TRX, EOS, LAなどのメジャーコインは一通り網羅されておりますので、アルトコインの主要な銘柄までトレードすることが可能となっております。

LBANK

LBANKは2015年に香港で創設された仮想通貨取引所になります。200カ国以上の国でサービスを行っています。本人確認(KYC)をしなくても口座を開設できるのが特徴で、今すぐにでも取引をしたい方や、面倒な手続きをカットしたい方にはとてもおすすめの取引所となります。最新のニュースや通貨の上場がチェックでき、問い合わせもライブチャットでできるのでとても便利です。基本の情報は以下になります。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、XRP、USDTなどの異なる主要なコインを取り扱っています。必要なら登録して見ることをおすすめします。

MEXC

口座開設は無料で行うことができるため、気軽に開設が可能になっています。取扱銘柄も非常に多く、1400種類以上の銘柄を取引することができ、これは他の大手取引所の取扱数を遥かに超えているのです。キャンペーンもあり、条件がありますが招待コードで友達に紹介することもできます。ここではMEXCの登録・口座開設の手順について解説していきます。まずは口座開設をしましょう。公式サイトへアクセスしましょう。やり方を解説します。口座開設は無料で、海外で開設したとしても手数料はかかりません。ボーナスなどもあります。

XT.com

XT.comとは、UAEのドバイに本部を置く海外の大手暗号資産取引所です。ドバイといえばBybitも同様に本拠地を置いています。もともと2018年にセーシェル諸島で設立されたのですがその後拠点を移しています。ユーザー数は700万人を超えており、取り扱い銘柄は500を超えておりますので、BinanceやKuCoin、MEXCなどと比較しても劣らないところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました