Gate.io:NFTアートは下手でも売れる? 絵の出品について解説

Gate.io

NFTアートというのはNFTジャンルの中でも最も人気で、流通しているコンテンツと言えるでしょう。NFTアートというと、デザイナーが作成していると思われがちですが、意外とそうでもありません。画力のない絵でも実は売れる可能性があるのです。

NFTアートとは?

NFTはNon-Fungible Tokenを略した言葉です。NFTは仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術を利用しており、ブロックチェーン技術によりデータの改ざんができない仕組みを実現し、デジタルデータに高い資産性を見出すことができるようになりました。これによって誕生したのがNFTアートです。

NFTの技術をデジタルアートに反映させたものがNFTアートと言われています。デジタルアートは簡単にコピーができてしまうため、どれが本物か見分ける手段がなく、高い価値をつけることは難しいと言われていました。しかし上記のようにデータの改ざんができない仕組みを実現し、ビジネスとして成立するようになりました。今では多数のアーティストが参入しています。

NFTアートはどのように作成する?

NFTアートを作るためにはデジタル上で作成するケースがとても多いです。前もって完成図をイメージしてないと描いていく時に時間がかかります。もちろんドット絵、イラスト画像で稼ぐにはユーザーが使っていく内容、イメージを思って作っていきましょう。webで宣伝もX(twitter)などでしていきましょう。値段設定も重要なので相場を試しに自身で確認していきましょう。

PC

アートを作成する媒体としてもっともメジャーなのがPCでしょう。PCは細かい作業を得意とする方にはとても向いています。また、古い年代の方はPCが一番慣れており、タブレットやスマートフォンの操作が不慣れな方も多いのが実態です。そんなときはPCが一番お勧めです。

タブレット

タブレットもメジャーなツールでしょう。タブレットの場合は比較的若い世代の方が多いです。タブレットの場合はペンタブレットという、絵を描くのに特化したタブレットもあります。これらはどちらかというと上級者向け。

スマートフォン、iPhone

アプリを立ち上げると、わずらわしいアカウントの登録作業などもなく、すぐに絵を描き始めることができますが、画面が小さいというデメリットがあります。そのため、とても細かい描写が必要な場合はこれらのツールはあまりお勧めとは言えません。

下手な絵でも売れる理由

NFTアートといえばプロのデザイナーが作成していると思われがちですが、下手な絵でも意外と売れていたりするのが実態です。ではなぜ下手な絵でも売れることがあるのでしょうか?それは以下のような理由があります。お金を稼げるようになると、プロフィールも知られていき、制作依頼を受けるようになります。

有名クリエイター

下手な絵でも売れる理由のおそらく7割くらいはこれにあたります。有名なアーティストが製作している作品は仮に低品質だとしても、知名度がとても高いため、とても売れるのです。SNSなどで影響力を持っているなら、下手な絵をNFTして販売すれば高額で売れます。有名人やお金持ち、さらにはインフルエンサーなどがこれに当たります。

特典

有名ではない方の場合は、特典を付けてあげるということがほとんどでしょう。たとえばNFTを購入することで他の優先取得権が得られたりするケース、それ以外にもコミュニティに参加できるなど、購入することによるメリットを購買者に与えることで、何らかの形で売れていくケースが多いです。このようなものをユーティリティとよんでいます。

マニア向け

一部の下手な絵が好きなマニアが買っていくというケースがあります、とはいってもかなりレアなケースなので、あまりない例です。あなたの作品が好きな人は確実にいます。というのもNFT市場はどんどん人が流入していますので、今後も需要が拡大し、流通量が増えていくと見込まれています。

NFTマーケットプレイス

Gate.ioではNFTマーケットプレイスに参入して実際に商売をすることが可能です。そのためには口座開設も必要になってきます。自分の作品を出品したい場合は口座開設をしましょう。以下の記事でも紹介をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました