Bybit:NFTロイヤリティとは? 仕組みと相場 転売 クリエイターへの還元 マーケットプレイス

Bybit

NFTのクリエイターが業界で関わるマーケットプレイスにおける収益、ロイヤリティについて記事で解説します。ここ近年全世界で急速に拡大してきている市場になります。この市場は急速に拡大していることから、あまりまだ分からない人も多いのが実態です。そのため、用語の中にロイヤリティというものがありますが、あまり仕組みもわかっていない方も多いです。

ロイヤリティとは?

NFT転売におけるロイヤリティとは、売買が起こった時に収益の一部が製作者に入る報酬のことです。二次流通のたびに、毎回クリエイターに対して自動的に支払われる仕組みになっています。二次流通とは、NFTの購入者による他の人への転売を意味します。例えばロイヤリティ10%のNFTが1,000円で転売されると、100円のロイヤリティがNFTクリエイターに支払われます。NFTが転売されるたびに、クリエイター側には毎回「ロイヤリティ」が発生します。

二次流通とは?

二次流通は、NFTの作品、コレクションが他の人に流れていくことを指す言葉です。二次流通は著作者にとってもメリットが大きく、作成者に対して継続的な収入システムとなっており数により得、利益が見込める可能性があるというメリットが存在します。転売と言うと古本や古着をイメージするかもしれませんが、NFTの場合は流通するごとに暗号資産で支払い対応、収益がありますので独自の旨味があります。

ロイヤリティの相場は?

NFTはここ近年でいきなり急拡大したため、相場はまだ安定してはいません。しかし傾向として多いのは還元率3%~10%で増加、減少します。業界やプロジェクトによって大きく異なるのが現状です。勿論まだ市場が不安定なことがこの幅広いレンジになっている最大の要因です。今後も発行数、購入数などでこの相場は変動していきますので、随時最新のニュース情報やコミュニティの全体の意見、動向を確認しておくことがいいです。

ロイヤリティのメリット

NFTのロイヤリティのメリットは以下のようなものがあります。webでもNFTは取引が可能でコインチェック、Bybitやopenseaでも登録され取り扱いの発表が始まっています。特徴としてブロックチェーンを利用して価値の高いトークンを購入すれば儲かるチャンスがありますのでおすすめです。新しいデジタルプラットフォームの時代なので利用者はトレーダーだけでなく、企業の参入もそれぞれ始まっています。

販売額が安い

ロイヤリティの存在によって、初期のNFTの価格が安く設定されやすくなります。NFTプロジェクトの制作者の中には最初のNFT販売時に敢えて安く販売し、そのあとロイヤリティで稼ぎたいと考える人もたくさんいます。

継続収入

ロイヤリティは転売が起こるたびに報酬が入るようになっています。NFTのロイヤリティは継続収入が見込めるため、ある程度成功したプロジェクトであれば、収入がずっと続いていくというメリットがあります。

二次流通の注意点

二次流通の注意点としてはNFTマーケットプレイス次第ということ。二次流通品の出品ができるかどうかはマーケットプレイスによって違いますので事業をやる場合は事前に確認が必要です。ビジネスをやるさいは運営会社の金融サービスにおける利用規約もそれぞれまとめて確認する必要があります。

BybitのNFTマーケットプレイス

BybitではNFTマーケットプレイスがあります。アカウント開設をすれば、実際に参入して取引をすることが可能になっているので、挑戦してみましょう。大手の取引所なのでウォレットはしっかり管理されており資金は保証されております。またローンチパッドなどのイベントにも参加可能で、NFTマーケットプレイスがあります。参考で以下のページでNFT取引の開始方法を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました