Bybit:NFTアートは購入、買ってどうするの? 販売方法、使い道、将来性解説

Bybit

NFTアートでは使い道をどうするのか疑問に感じる方がいるので買った後の活用方法について記事で紹介、解説します。ここ近年とても注目されている市場と言えるでしょう。この市場は2020年代にかなり急激に伸びている産業だからです。しかし、NFTアートの購入をしたものの、そのあとそもそもどうしているのか?気になる人は多いでしょう。

NFTアートを買ってどうする?

話題沸騰中のNFTアート。しかしNFTアートを買ってどうする?という問題が発生します。NFTアートを買っても、どんな使い道があるのかそもそもわからない人はとても多いです。しかし使い道は以下のようにたくさんあります。自身で準備をして知識を溜めることで色々な用途を見つけられます。必要ならNFT転売で売れて手数料で稼ぐこともできれば、保有して趣味として楽しむことも可能で、使い方がたくさんありますので金額をどんどん増やすことができます。

ウォレットコレクション

NFTはいわばデジタルの画像なので、ウォレットに並べてアルバムのように楽しめます。つまり自分自身のコレクションにして、趣味として楽しむという利点があります。購入のステップとしてはSNSやコミュニティなどで紹介されている新しいNFTがあり、そこから販売している方がいますから情報はたくさんあります。露出も多いですから人気になっています。活用すると高く注目されるでしょう。

SNSアイコン

NFTアートをSNSのアイコンに設定する方も多くいます。特に多いのがTwitterのアイコンにしてしまう方がとても多く見受けられます。カテゴリーによっては受けがとても良いです。作り方のコツとしては、これらのようなアバターやアイコンに利用されやすいデザインにするという点があります。国内でも海外でも簡単に売れやすいです。

転売

現在購入したNFTを売って、収入を得る人も多くいます。NFT人口がまだ少ないからこそ、先行者有利を活かすことが可能な状況です。購入者が対象のアーティストの作品を購入し流通することにより利益が発生する流れになります。デジタルアートは安いですし、これら需要も生まれて魅力のあるコンテンツと言えるでしょう。ネットワークも広がり、交流の機会も増えます。

スマートフォンの待ち受け画面

最近、ジャンルによってはNFTアートをスマートフォンの待ち受け画面に設定する利用者の人も国内外問わず、多くいます。発行された画像などを一部自由にスマホやPCの待ち受け画面に設定できますので、通常やっている人は多いです。絵や画像などスマホの専用のNFT自体の取り扱いも出てきており、事前に好きなものを買って大切にシステムの中で基本的に使えます。絵画の種類もどんどん増えています。

メタバース空間に展示

メタバース空間に展示という手段があります。メタバースは「仮想空間」と訳される、インターネット上に作られた3次元の世界。自分でアートの飾る場所をカスタマイズでき、他の人と共有したりします。メディアなどでギャラリーを宣伝すればチャンスがあります。機能はアドレスにツールなどつかってアップロードして掲載すると言う形です。接続してユーザーは買うものを選べますし売却もできます。

ギブアウェイ

ギブアウェイはTwitterで、フォローやRT、いいねを条件に抽選でNFTをあげる企画のこと。サービスではもらうほうは優先して、タダで商用で制作されたNFTを手に入れるチャンスになり、あげるほうはプロジェクトの応援がそれぞれできます。最初は安くても、同じNFTでも、特典があると有利で高額で売れる可能性もありますので期待できます。最初は情報発信をして自分のプロフィールや作品をしってもらうことからはじめましょう。

お金を借りる

NFTアートを他の人に預けて、お金を借りる人もいます。NFTfiという仕組みがあり個人同士で条件を提示し、合意することでNFTを担保にして仮想通貨を借りることができるというものです。ブロックチェーンの技術の進歩により、日本では2022年以降色々な用途が生まれました。価格は流動していますが運営の仕方も多様化しており、稼ぎ方も増えています。コインチェックからmetamaskなどでETHの送金も簡単になっています。

NFTfi

NFTの将来性

NFTの将来性としては明るいとも言われていますし暗いとも言われています。暗号資産取引所でNFTを取り扱っており、イーサリアムやビットコインなど仮想通貨の価値次第と言えるでしょう。クリエイターは売買するにあたってもちろんデジタルデータなどの勉強して知識をためて経験を積んでいくことでやっと収益を増やせます。キャラクターイラストなどコレクターに受ける主流の売れるものを作成していきましょう。openseaなどで既に大量出ているので確認してみましょう。初心者でも無料で見れるしはじめやすく、内容も理解しやすいものばかりです。アプリなどから最新の作品や説明を見てチェックしてみましょう。

企業による新規参入

NFTは企業や著名人が続々と参入をしてきています。そのため、新規参入がまだまだあるうちはNFTのブームはまだ終わらないとみられています。その影響でこれまでNFTのことを全く知らなかった人たちにも認知度が向上してきているのです。有名企業でいえばFacebook、Adidasなどが挙げられます。インフルエンサーやブロガーのいくつかもアイテムや作品を出品しており、ファンにもNFTがリアルに普及していきます。参考にマーケットは拡大しており、大きな会社も利益を目的に参入しています。管理も簡単で所有を証明できるので独自の活動を行うことができます。

SNSによるNFT導入

InstagramやTwitterはNFTを導入してきています。Twitterのアイコンを唯一無二のNFTに設定できるようになりました。これにより一般人にもNFTを宣伝しているため、認知度が高まっていくと予想されています。NFTの文化はまだSNSにはないので気に入ってもらえるようになれば長期でみて爆発的に浸透していくでしょう。coincheckなどですでに出ておりデータを見れます。著作権はプラットフォームで守られておりweb上で使い、作ることも可能。唯一の資産で改ざんもできないのでとても流行しています。複製しても権利は守られます。法律の保証ないことがリスクです。

転売

NFTブームに乗っかって転売屋も登場しています。転売屋は一般的には嫌われる存在ですが、NFTの市場の活性化には役立っています。NFT転売のメリットとしてはデジタル資産となるため、固定費がかからないことでしょう。さまざまな市場が発展途上であるため、今後利益が伸ばせるとも言われています。特定分野に特化していくことで収益を受け取りしている方が多いです。今はメタマスクなどからガス代を支払って取引所でNFTをホームからクリックして購入できます。比較しながら見つけることが可能です。

BybitのNFTマーケットプレイス

BybitではNFTマーケットプレイスがあります。アカウント開設をすれば、実際に参入して取引をすることが可能になっているので、挑戦してみましょう。Bybitでアート購入を始めるにはデメリットとしてウォレットから仮想通貨を送金しなければなりません。他の法定通貨に対応している取引所から送金をしましょう。NFTは注目の銘柄ですが儲かるどころか、暴落するデメリットもありますので注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました