Bitget(ビットゲット):仮想通貨取引所の暗号資産手数料一覧について徹底解説

Bitget

仮想通貨取引所Bitget(ビットゲット)の利用について手数料について記事で徹底解説します。どんな取引であったとしても必ず手数料と言うのは発生してしまいます。取引の種類が多い海外取引所では、手数料の種類や仕組みをしっかりと理解して行う必要がありますので一通り把握しておくことをおすすめします。

Bitget(ビットゲット)の会社概要と安全性

Bitget(ビットゲット)は海外のシンガポールに拠点を置く仮想通貨(暗号資産)取引所で情報では2018年に設立されました。coinmarketcapでも上位にくる取引所で、世界100ヵ国以上にユーザー数800万人以上いることもあり、世界的にもかなり人気でおすすめの取引所の一つです。Bitgetではコピートレードがとても評判が高いです。設定するだけで利益が上げやすいと言うメリットがありますが自身で大きく稼ぐことも可能です。現在はリオネル・メッシ選手がパートナーシップ契約をしています。

Source : Bitget

設立2018
所在地Singapore
登録ユーザー800万人~
運営会社Bitget Limited
金融ライセンス
SNSX
Telegram
Instagram
YouTube

金融ライセンス取得

Bitgetは総合的にアメリカ・カナダ・オーストラリアでの金融ライセンスを取得しています。Bitgetは金融庁で3つのライセンスを2020年から取得しており、必要な条件などが厳しく、容易に取得できるものではないため、ある程度信頼性の高い取引所と言えるでしょう。マネーロンダリング、テロ資金提供などに対する規制をしている金融機関となりますので、安全性はかなり高いと言えるでしょう。

United StatesFinCen
CanadaFINTRAC
AustraliaAUSTRAC

保護基金を設置

Bitgetでは、公式で独自に3億ドルの保護基金を設立していると記載しています。これは何を意味するかと言えばBitgetがハッキング被害を受けて、ユーザーの資産が被害を受けた場合には、ユーザーの資産が保護されるというもの。ハッキングや情報漏洩などで詐欺の被害を受けた場合は保護基金からの補填をそのまま申し込みできるようになります。保証されているのでとても安心。

登録ユーザーの分布

Bitgetは世界的にも人気の取引所となっており、登録ユーザーが世界中にいると言う特徴を持っています。世界の仮想通貨取引所の口コミサイトであるTradersUnionによると、ロシア、韓国、メキシコ、ヴェネズエラ、ウクライナ、日本、インド、アメリカにユーザーが多く分布しています。アメリカ大陸に多くのユーザーがいることがポイントで魅力です。メディアでニュースで話題にも取り上げられることがある取引所なので注目度も高いです。

Source : TradersUnion

Bitget(ビットゲット)の手数料一覧

Bitget(ビットゲット)の手数料の情報を一覧で紹介します。以下のようになります。現物、先物、BOT取引などが可能ですがそれぞれ手数料が異なります。購入して注文する際はトークンの価格に注意しましょう。特典や割引やキャンペーン、プロモーション、ボーナスなどもまとめて開催されており、お得になることもあります。投資するなら負けないためにも安く保有して収益をあげたいところです。注意点としてエアドロップなどイベントは相場のレートや企画により手数料がかかります。

先物取引手数料

通常、先物取引手数料は以下のようになります。先物取引は通貨にかからわず一律となっています。メイカーとテイカーで計算が異なります。獲得できる収益や売買に影響しますのでチェックしましょう。

Maker0.17%
Taker0.051%

運営のルールでVIPになることで手数料は変動します。レベルにより異なります。参照してください。

VIP1Maker:0.016%
Taker:0.04%
VIP2Maker:0.014%
Taker:0.0375%
VIP3Maker:0.012%
Taker:0.035%
VIP4Maker:0.01%
Taker:0.032%
VIP5Maker:0.008%
Taker:0.032%

現物取引手数料

現物取引手数料は以下のようになります。現物取引は通貨にかからわず一律(一定)となっています。上場している多様なコインをタイミングを見て体験してみましょう。

Maker0.1%
Taker0.08%

VIPになることで手数料は変動します。

VIP1Maker:0.04%
Taker:0.06%
VIP2Maker:0.025%
Taker:0.05%
VIP3Maker:0.02%
Taker:0.045%
VIP4Maker:0.015%
Taker:0.04%
VIP5Maker:0.0125%
Taker:0.035%

出金手数料は通貨による

次は利益などを出して確定した場合、どれくらいの手数料がかかるの?を紹介します。出金額の大きさは関係なく、出金をするたびに固定の手数料を支払うというシステムです。使用するネットワークは、出金先のアドレスと同じである必要があります。ビットコインだけでなく、BGBなど独自トークンも手数料がかかります。詳細は以下の通り。実際に主要のコインに対応しています。結果、業界のサービスの中でも金額は抑えることができます。

BTC0.0005
BGB2.15
USDT1
ETH0.00094
LTC0.001
BCH0.0001
ETC0.008
BNB0.0002526
LINK0.26
TRX0.8
XRP0.1

入金手数料は無料

マイニングでの支払いや入金手数料は毎日、無料です。基本的にはどの取引所も同じです。始めて使う場合はお得です。最新の市場でレバレッジを駆使して注目のNFTやコインを比較てきやすくリアルタイムで交換できます。各できるだけ機会がある際に取引をたくさんやってみましょう。

資金調達(ファインディングレート)

資金調達(ファインディングレート)のカテゴリーにおける発生は日本時間で0時/8時/16時の1日で3回です。資金調達率は公式サイトのマーケット画面で利率と発生までの時間が表記されています。資金調達率とはポジションを持っていると発生する手数料です。

コピートレードの手数料

コピートレードの手数料は取引手数料+利益分配率がかかります。上記で説明した先物手数料にトレーダーへの分配が追加でかかってしまいますので注意してください。利益分配率は、基本的にトレーダーによって2%~8%の範囲で設定されていますので確認しましょう。

無料で口座開設が可能

口座開設は無料で行うことができます。以下の記事でも紹介していますので参考にやってみましょう。買い方や取引の方法の前に入金と出金など送金が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました